流れを覚える|夜行バスを利用する場合は自分の好みに合わせてバスを選ぼう

夜行バスを利用する場合は自分の好みに合わせてバスを選ぼう

女性
  1. Home
  2. 流れを覚える

流れを覚える

バス

一般的に長距離を移動する乗り物に乗る時は、事前に予約を取り乗車券を購入します。近年、旅行などに利用されることが多くなってきている夜行バスも予約を取らなければ利用することができません。この機会に夜行バスの予約から利用までの流れを覚えておくと良いでしょう。夜行バスの利用はバスを探すことから始まります。自分の好みに合った車両を探すと良いでしょう。一般的には料金やシートなどにこだわって探します。できるだけ自宅付近で利用できるバスを探すのが便利に利用するコツです。バスを見つけた後に予約を取ります。予約はバス会社の窓口やコンビニ、ネットなどを利用して取ることができるので、好きな方法を選びましょう。窓口やコンビニを利用する場合は支払い後に紙の乗車券を受け取ります。ネット予約の場合は料金を支払った後に、メールなどで乗車券が送られてくるでしょう。メールで送られてくる場合は、乗車券をプリントアウトする必要がある場合もあります。ネット予約の場合、料金の支払いはコンビニやクレジットのネット決済が利用できるでしょう。乗車券を購入したら、最寄りのバスターミナルや待合所で深夜バスに乗ります。バスが到着してから座席に座りますが、座席は乗車券に記載されていたり乗務員から案内されたりするでしょう。予約の段階で選ぶことができる場合もあります。バスに乗った後は15分から30分後に消灯時間が設けられるので、ゆっくりと休みながら目的地まで移動するでしょう。途中で休憩を挟むので飲み物を買ったり、トイレなどは済ませておくようにします。